サイト紹介

河川

関西の河川情報を知りたいならこちらのサイトです!!
関西には歴史が古く、流域面積の大きい一級河川が多く存在しています。
歴史好きの方には必見の戦国時代の武将ゆかりの河川もありますし、その周辺では歴史的建造物も多く存在しています。
また、河川はアウトドアで楽しむのはもってこいの場所です。
清涼感ある河川を眺めながら、その河川敷にてみんなでワイワイとバーベキューをするなんて最高ですよね。
また、河川敷で有名なのが夏の風物詩である花火大会です。河川敷は周辺に高い建物がないという立地条件と、河川敷に腰掛けるスペースが豊富にあること、清涼感ある水辺を背景に花火が映えることから昔から非常に人気の花火大会スポットでもあります。
また、魚釣りのスポットとしても河川は非常に人気です。四季折々、季節ごとに釣れる魚の種類も釣れる大きさも変わってきます。当サイトでは、そんな魅力的な関西の河川の中から、京都の鴨川、奈良の大和川、三重の鈴鹿川、兵庫の加古川の超オススメ4大河川をご紹介いたします!!あなたのお気に入りの河川を当サイトでぜひ見つけてみてください。当サイトは素敵な河川を見つけるお手伝いをさせていただきます!
近畿圏の橋情報を知るならここをチェックしましょう。は建築や構造力学の技術の結晶として世界的な評価の高い物も多いです。

川の魅力

川には色々な魅力があります。
魚釣りが趣味の方には、魚がたくさん釣れるスポットとして、夏には夏の風物詩である花火大会の会場として、また、海の塩がべとべとして苦手だと言う方には、淡水である川が人気でしょう。
このように、川にはレジャーとしてのあらゆる魅力があります。
また、川といってもその規模も歴史もさまざまです。
一級河川に認定されている川であれば非常に大規模な流域面積を誇るものもあり、その川のそばには必ずと言っていいほど、日本の歴史が深く関わっています。
その清涼感あふれる景観とは裏腹に、戦国時代の乱世を静かに見届けた川も多く存在します。また、川そのものが戦国時代の歴史を分ける決戦の舞台となったこともしばしばです。
例えば、加古川は戦国時代の天才軍師、黒田官兵衛のたった一人の妻であった光姫(てるひめ)の生家である城があった場所であると言われています。
数々の歴史好きの方から愛され、大河ドラマにもなった黒田官兵衛にまつわる場所としてオススメです。その他も、同様に川はこれまでの日本の歴史をただ悠然と静かに見届けてきた張本人だと捉えてもまた素敵かもしれません。川の流れが人の人生そのものを形容しているのと同じように。

加古川

鈴鹿川

加古川は兵庫県の中心部に流れる一級河川です。流域面積1,730km²にも及びます。 清涼感のある加古川の上には、昭和55年に建築された、直径1.2m、全長426mで送水管2条を渡している水管橋が架けられています。 臨海部の工業地帯へと1日に約2万トンもの水を配水する水管橋です。

Read more

鈴鹿川

加古川

鈴鹿川は鈴鹿山脈の那須ヶ原岳から発生し、伊勢湾まで流れ出る流域面積323 km²にも及ぶ一級河川です。 下流部には四日市市の世界屈指の石油化学コンビナート地帯が広がり、中流部は鈴鹿の自動車産業が広がっています。 その歴史は古く、まず河川沿いに街道が発展しました。流域に沿って、関所跡や宿場町の歴史の情緒を残したまま、下流部に世界屈指の石油コンビナート地帯が広がっている川です。

Read more

芥川

芥川

京都の芥川と呼ばれる河川は、大阪の高槻市を主に流れている一級の河川です。全長は約25キロ、流域面積は52キロ平方メートルとなっています。水源は明神ヶ岳となっており、古代文学の伊勢物語にも登場している歴史のある河川です。伊勢物語の第六段に芥川が登場していますが、その内容は、男が高貴な女性を奪取し、逃避行をしている間に鬼に食われてなくしてしまうというお話です。

Read more

紀の川

紀の川

紀の川は、奈良県から和歌山県へと流れる一級河川です。 奈良県内では、「吉野川」と呼ばれることもあるそうですが、標識には「紀ノ川」と記されているそうです。 長さは136km、流域面積は1,750㎡ととても大きい川となっています。

Read more